エンタメ

映画「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」現在の興行収入&観客動員推移

ドラゴンボールの新作映画ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」が延期の末、2022年6月11日(土)に公開されました!

今回の主役は孫悟飯とピッコロの師弟コンビ!大人になった悟飯が、ピッコロの装束を久しぶりにまとっているビジュアルで、往年のファンからも熱い支持が見られます。

今回はドラゴンボール超 スーパーヒーローの最新の興行収入と観客動員の推移を随時まとめていくので、ぜひ参考にしてくださいね。

最終更新日:2022年8月16日(火)

 

ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」簡単なあらすじ

かつて悟空により壊滅した悪の組織「レッドリボン軍」。だがその意志は生きていた!!復活した彼らは、新たな人造人間「ガンマ1号&2号」を誕生させ、復讐へと動き始める。

不穏な動きをいち早く察知したピッコロはレッドリボン軍基地へと潜入するが、そこでまさかの”最凶兵器”の存在を知るのだった…!!

パンをさらわれ基地へとおびき出された悟飯も参戦し、かつてない超絶バトルが始まる!!!!果たして死闘の行方は!?そして、地球の運命は!?

公式HPより引用)

ドラゴンボールZ時代のセルゲーム以来となる悟飯とピッコロを中心とした戦い!ふたりの種族を超えた家族のような絆がずっと続いていることに、胸が熱くなりますね。

もちろん孫悟空とベジータも大活躍!ゲスト声優も豪華で、ドラゴンボール超世代もZ世代も楽しめる映画で話題です!

ドラゴンボール映画を900円で観よう!

  1. U-NEXTの無料トライアルに登録して600Pをゲット!
  2. 映画引換クーポン(1500P)との差額900円を決済してクーポンに交換。
  3. 対象の劇場でチケットを発券すれば映画がすぐに楽しめる!

クーポンを発行すれば、無料トライアル期間に解約しても問題ありません。ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」最新の興行収入と観客動員数

集計日 興行収入合計 観客動員数合計
6/12まで(3日間) 6億6989万220円 49万7526人
6/19まで(9日間) 12億7407万5790円 94万7690人
6/26まで(16日間) 16億3920万3960円 121万人
7/3まで(23日間) 19億314万4340円 140万人
7/10まで(30日間) 20億9090万8010円 154万人
7/17まで(37日間) 22億1393万8740円 155万人以上
7/24まで(44日間) 23億2442万円 155万人以上
7/31まで(51日間) 23億9244万5410円 155万人以上
8/7まで(58日間) 24億4286万1650円 155万人以上
8/14まで(65日間) 24億7571万3250円 155万人以上

※情報が出たら随時更新します。

 

覚醒した悟飯とピッコロの姿が公開!

公開から約3週間が経った6/29、公式から覚醒した悟飯とピッコロの姿が公開されました。その名も「孫悟飯ビースト」「オレンジピッコロ」!そして二人が闘うべき敵が「セルマックス」であることも明かされました。

銀髪で赤い瞳、毛を逆立てて不適に笑う悟飯がかっこいい!

ビースト状態の悟飯とセルマックスの姿は、まさにセルゲームを彷彿とさせます!子供だけではなく、ドラゴンボールZに夢中になっていた大人こそ見にいくべき映画ではないでしょうか。

公開された新情報に対するみんなの反応


セルゲームで明らかになった悟飯の内なる凶暴性に、今回の映画で「ビースト」という名前がついたことに納得する人が多く見られました。いつものメガネで穏やかな姿からは想像できない野獣な面を秘めている悟飯に、悟空とは違った魅力を感じますね。

映画でしか見られない孫悟飯ビースト、オレンジピッコロ、セルマックスが気になる人は、ぜひ映画館へ行きましょう!今なら900円で映画を見ることもできますよ。

ドラゴンボール映画を900円で観よう!

  1. U-NEXTの無料トライアルに登録して600Pをゲット!
  2. 映画引換クーポン(1500P)との差額900円を決済してクーポンに交換。
  3. 対象の劇場でチケットを発券すれば映画がすぐに楽しめる!

クーポンを発行すれば、無料トライアル期間に解約しても問題ありません。ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

ドラゴンボール歴代映画の興行収入

ドラゴンボールの映画はなんと今回で21作目!1作目は1986年なので36年の歴史があり、何世代にも渡って愛される偉大なアニメであるのが分かります。

そんな歴代ドラゴンボール映画の興行収入をまとめてみました。

※1999年以前は興行収入ではなく配給収入となります。
※日本国内の興行収入のみ掲載しています。

2018年 ドラゴンボール超(スーパー)ブロリー 40.0億円
2015年 ドラゴンボールZ 復活の「F」 37.4億円
2013年 ドラゴンボールZ 神と神 29.9億円
1996年 ドラゴンボール 最強への道 6.0億円
1995年 ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる 8.5億円
1995年 ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ 12.7億円
1994年 ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ 11.2億円
1994年 ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない 14.5億円
1993年 ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴 13.1億円
1993年 ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦 13.7億円
1992年 ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人 15.0億円
1992年 ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち 16.0億円
1991年 ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強 14.0億円
1991年 ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空 13.0億円
1990年 ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦 8.0億円
1990年 ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ 9.5億円
1989年 ドラゴンボールZ 7.2億円
1988年 ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険 6.3億円
1987年 ドラゴンボール 魔神城のねむり姫 8.5億円
1986年 ドラゴンボール 神龍の伝説 8.0億円

ドラゴンボール映画もアニメも見放題!

通常バナー

ドラゴンボールの歴代映画やアニメを楽しむならU-NEXTおすすめ。

ドラゴンボール超 スーパーヒーローを900円で見たあとに、ドラゴンボール過去作の一気見ができるので、ぜひチェックしてくださいね!

 

 

 

「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」の興行収入と観客動員数に注目

本来4/22に公開予定だった「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」ですが、制作会社である東映アニメーションへのネットワークへ不正アクセスがあり、公開が延期されていました。約50日延期しましたが、このたび無事に公開したのは本当に喜ばしいことです。

GWの書き入れ時を逃しのは惜しいのですが、これから夏休みも待ち受けているので、興行収入に期待が高まります!

歴代興行収入1位である前作「ドラゴンボール超(スーパー)ブロリー」40億円を、今作で超えられるのかが注目ポイント!まだ見ていない人はぜひ劇場へ足を運んでくださいね。

ドラゴンボール映画を900円で観よう!

  1. U-NEXTの無料トライアルに登録して600Pをゲット!
  2. 映画引換クーポン(1500P)との差額900円を決済してクーポンに交換。
  3. 対象の劇場でチケットを発券すれば映画がすぐに楽しめる!

クーポンを発行すれば、無料トライアル期間に解約しても問題ありません。ぜひ試してみてくださいね。