音と空間から生まれるもの

1530369_622620544439791_827560789_n

度々、DJの現場で『あのDJをしていた、ラグジュアリーな空間の場所って、何処なの?』
って、聴かれる事があるんですね。

何処かというと、dublab.jpが年末のカウントダウン等でコラボレーションをしている、汐留PARK HOTEL。ラグジュアリーと言っても、いわゆる高級なシャンパンとかドレスコードが前面にでるようホテルではなくて、アートをキーワードに洗練された空間が特徴のホテルです。

(パークホテルの特徴の一つ、客室全体をアーティストが装飾する「Artist in Hotel」)

2月からマンスリー(毎月第3金曜日)で、dublab.jpが25Fのアートラウンジの音楽を担当することになって、先日第一回目のDJを自分が担当してきました。

自分はありがたいことに、様々なシチュエーションでDJをさせて貰っているけれど、今回のDJは、また新たな刺激と選曲の喜びに出逢った気がしました。

パークホテル東京のラウンジは吹き抜けになっていて、プロジェクターを3台使った巨大なVJ空間が特徴。これにまず圧倒されるんですが、それと同時に、このゆったりした公園のような開放感がある空間を使って、イベントやアート作品の展示を随時おこなっています。ここまでラウンジを色々活用したホテルは、日本では珍しいんじゃないかなと思います。


d-JmEIVEe6VQTNn1vbCh4ENztEK4fFUN_rc1FFkKYH8dQG9Hn3A8_TqCIRjZd4SVEwRDFA=w2512-h1104

そのVJ空間の手前に、メインスピーカーが設置されています。改めて聴くと、ラウンジとしては充分な音の空間を作り出せる鳴りです。この日のDJは、パークホテルのDJ SATOさんと、二人で二時間ずつ担当。SATOさんの選曲は、ブレイクビーツをメインにテクノ等も挟んで、VJとマッチしたパークホテルらしいクールなDJだった。CDをテーブルに置いて選曲する姿は、本当に爽快そのものでした。


IMG_7689_mini

自分の最初のDJは、19時から。
徐々にラウンジにお客さんか集まってきて、各々のテーブルでディナーを始める時間。
女性同士4人組で食事するグループ。カップルで訪れた2人組。日本に観光でやってきた外国人のグループ。家族連れ。大事な仕事の席と思われる、グループ。


共通しているのは、『会話を楽しんで、食事を楽しんでいる』という事。


『Carlos Niño & Friends / Mezame (Awakening) 』の曲からスタートして、会話をしやすいようにビートレスな選曲を中心にセレクト。食事にも集中できるように、極力低域のEQを10時位、中域は11時位でキープ。高域は、気にならなかったので基本フラット。




DJブースが、メインのスピーカーから真正面のバーカウンター近くに設置されていて、スピーカーからはかなりの距離があるのと、モニタースピーカーが無い(クラブ環境以外だと、よくあるケース)ので、極力ヘッドフォンでピッチを合わせる。

また、スピーカーとDJブースの間に食事をとる席があるので、DJブースに聴こえてくる音量でMAXな音量調整はせずに、距離感を意識して少なめに出音の音量を意識して、音楽が耳障りにならないようにする事を心がけました。会話が弾んできたような時間帯からは、徐々に気分があがるような選曲で『Marvin Gaye / Mercy Mercy』なんかを挟みながら、




デザートに差し掛かった時には、1日の疲れを浄化してくれるような歌声のGregory Porterへ。




選曲をして面白いと思ったのが、DJブースから見えるそれぞれのお客さんの食事している様子が、それぞれの席でドラマがあるように見えてきて、こちらが音で演出しているような感覚に自然となっていた事でした。それと同時に選曲によって、ホテルのスタッフの方達の接客の仕方や歩く早さ、間の取り方も変わってきているような気がして、それを眺めているだけでも、空間における音楽の存在価値を充分に感じる事ができました。


DSC09827_mini

DJが終わった後に、選曲に関して声をかけてくれる人も居たり、お世話になった支配人の藤川さんにも選曲を褒めてもらった事は、大きな励みになりました。改めてホテルのラウンジという空間が、ただの休憩の場ではなく、一期一会に訪れたそれぞれの人達にとっての貴重な空間なのだと実感できた事、その空間を音楽で彩れた事。音楽の可能性も含めて、DJの可能性も感じた一夜でした。


DSC09835_mini

この日は、パークホテルにそのまま宿泊させてもらって、次の日は朝食を頂いた。食事をとりにラウンジに訪れてみると、お客さんは外国人が8割、日本であって日本で無いような感覚。そして、その食事の席でさり気なく流れている音楽は、日本の有名な楽曲を英語でカバーした曲が流れていました。このさりげない選曲だけど、しっかりとしたコンセプトがある選曲には、ちょっと嬉しくなりましたね。

このホテルの魅了的な所は、改めてアート作品や音楽も含めて、『日本のフィルター』をしっかりと通して様々なサービスを提供しているホテルなんだなと実感しました。改めて足を運んでくれた皆さん、佐藤さん、藤川さん、パークホテルの皆さんに感謝します。

そんなパークホテル東京とdublab.jpとのコラボレーションの一夜、毎月第3金曜日の夜、是非興味を持ってくれたら遊びに来て欲しいです。お待ちしています。


12705543_1691736371102304_1736212800308176138_n

http://parkhoteltokyo.com/event/dj-park-night/


Follow Me

Instagram

2016-02-23 | Posted in LIFEComments Closed 

関連記事