【DJ PLAY- FUNNEL】2018.1.14 LOW END THEORY JAPAN @ Contact SHIBUYA



『LOW END THEORY®が最強の布陣で日本再上陸』

ロサンゼルスを震源地に、ヒップホップとヘヴィーエレクトロニクスをミックスする唯一無二の重低音サウンドで、ビートミュージックシーンを現在進行形で牽引し続けるLA屈指のパーティLow End Theory®が日本にやってくる。主宰者であるDaddy Kevを筆頭に、D-Styles、DJ Nobodyのレジデントが一堂に会す記念すべきサンデーアフタヌーンとなるのが、2018年の新年を飾るLow End Theory®JAPANだ。日本では2014年の春以来となる、ご本家LAのお墨付き、堂々にして念願のオフィシャル開催実現であり、2017年本国アメリカにおける設立11周年を経てますます勢いを増すフル体勢での来日公演となる。ゲストには、彼等と数々のステージを共にしてきたLAのドリームスケープビートメーカーTeebsが急遽同行決定、サポートには、総帥Daddy Kev直々のラブコールにより、Fumitake Tamura aka Bun、daisuke tanabe、Seihoら、本国Low End Theory®のステージでオーディエンスに鮮烈な印象を残した、日本勢ビートエクペリメンタリストたちが集結。LAとTYOを繋ぐ鉄壁布陣が「ローエンド理論」によって文字通りステージを重低音色に色濃く染め上げるだろう。

「LOW END THEORY® brings the heat to Japan once again」

The LA based Low End Theory® fuses hip hop and heavy electronics and in the forefront of the beat music scene in LA comes back to Japan. Along with its boss Daddy Kev, residents D-Styles and DJ Nobody showcases their unique sounds for a Sunday afternoon edition of Low End Theory®JAPAN 2018. LA’s beat maker Teebs will be joining forces along with Fumitake Tamura aka Bun, daisuke tanabe and Seiho bridging the gap between LA and Tokyo.

LOW END THEORY JAPAN @ Contact SHIBUYA
PLACE : Contact Shibuya
GENRE:BEAT & BASS / HIPHOP/ OTHER

Open 4PM
¥3000 W/F (+1 DRINK¥600)
¥3500 Door (+1 DRINK¥600)

Studio:
Daddy Kev (LOW END THEORY | LA)
Nobody (LOW END THEORY | LA)
D-Styles
Teebs
Fumitake Tamura aka Bun
daisuke tanabe
Seiho


Contact:
“90BPM TAKEOVER”
Muta
Funnel
Conflict
XLII (XXXSSS Tokyo)
raudica
O-Parts
Biscco
Yohei Torii
Kavvd


Foyer:
“TRANE x HERMIT CITY RECORDINGS”
ΔKTR
Cram
Emarle
ILL SUGI
Jun Nagaosa
Midori
Mizubata
Salty
Tajimahal
Yagi


Follow Me

Instagram

2018-01-04 | Posted in SCHEDULEComments Closed 

関連記事